壁際のデスク

マンスリーマンションを比較して選べば費用を抑えて新宿に滞在できる

マンションの外観

都会での滞在が必要になった場合、住まいをどうするかが課題です。ある程度まとまった期間の滞在になれば、費用が抑えられて、しかも快適に過ごせるマンスリーマンションが、その有力候補となるでしょう。しかし都市部での滞在となると費用が高くなりがちです。主要駅のひとつとなっている新宿での滞在をお考えの場合は、マンスリーマンションの費用も高くなると想像されるかもしれません。
しかし新宿でも、数あるマンスリーマンションを比較して選ぶことで、安く滞在することが可能です。新宿は様々なランクのマンスリーマンションが点在しており、駅チカでも安くて綺麗な物件を探すことが可能です。部屋の広さや付帯設備の内容はサービス会社によって種々差があるので、比較すれば予算に合う気に入った物件が見つけられます。不動産業者へ相談すれば、手早く希望に合うマンスリーマンションを探せるでしょう。
またマンスリーマンションのサービス会社によっては、お得なキャンペーンを実施している場合もあります。費用を抑えて新宿に滞在したい方は、ぜひそのような情報もチェックしてみましょう。マンスリーマンションは、初期費用が掛からない点、住みたい期間が短くても日割りなどで借りられる点など、費用を抑えて滞在したい方におすすめの住まいです。

新宿で1年以内の住居探しならマンスリーマンションを選ぼう

仕事の都合で新宿に1年間だけ居住するという方、住居探しに苦労していませんか?不動産業者へ相談したものの、敷金や礼金だけで数十万円、2年契約が基本となり1年では違約金が発生してしまう、1年だけのために家具家電を購入する無駄があるという問題があるなら、新宿でマンスリーマンションを契約するのがおすすめです。
マンスリーマンションのメリットは、毎月の家賃が高く敷金や礼金が高額化する新宿でも、敷金や礼金なしで利用できるというメリットがあります。さらに契約単位は1ヶ月、もしくは1週間単位というマンスリーマンションも多く、1年未満の居住でも違約金が発生しないだけでなく、家賃が無駄になることもありません。そして、マンスリーマンションは既に家具家電付きで、必要最低限の荷物を持ち込むだけで生活を始めることができます。単身赴任の際には、家具家電を購入する費用が節約できるだけでなく、引越費用やスケジュールの問題も解決することができます。引越シーズンなどスケジュールが合わず、1ヶ月以上待つことがあるものの、マンスリーマンションなら手荷物を持ち込んだり、宅配業者を利用して必要な荷物だけも持ち込むことも可能です。新宿での住居探しはマンスリーマンションを効率良く選びましょう。

マンスリーマンションなら新宿でも社員寮を確保可能

新宿に本社や支社、営業所などの事業拠点を構えている企業にとって、周辺に社員寮を確保することが問題になります。維持費用の問題だけでなく、利用者が増えた際には福利厚生施設を増やすことも難しいという問題があります。そこで不動産業者へ相談して、新宿のマンスリーマンションを活用するのがおすすめです。
マンスリーマンションのメリットは、地価の高い新宿に自社で社員寮を保有する必要がなくなるという点にあります。利用者の人数に応じてマンスリーマンションを契約するだけで済み、維持コストの問題を解消できます。さらにマンスリーマンションは契約して翌日から利用することも可能です。新入社員の研修、中堅社員を集めての研修が、1週間単位や1ヶ月にも及ぶという際に、滞在先として一括借り上げすることも可能です。さらに敷金や礼金が不要、水道光熱費も含まれるなど経費処理もマンスリーマンションなら複雑さもありません。利用料金をそのまま経費計上することができ、敷金の管理も効率化できます。また、マンスリーマンションは駅近くや商業施設から近い物件も多く、慣れない地域で生活を社員に強いる際、生活面における負担も軽減することができます。新宿で社員寮の確保ならマンスリーマンションを選択してみましょう。

update article

article

TOP